TimeKeep

【アプリの概要】

運動会や学会発表、結婚式などのイベント、生放送の番組などのために開発した時間管理用アプリです。 あらかじめ、項目ごとに持ち時間を設定しておき、進行に会わせてTakeボタンを押すことで、 進み具合をチェックすることができます。 進行の遅れなどに臨機応変に対応するため、進行にあわせて項目を削除したり、入れ替えたり、 持ち時間を変えたりできます。


【時間の入力方法】

13:10:05 → 13時10分5秒

3: → 3分

45 → 45秒

【正確な時刻】

起動時に独立行政法人 情報通信研究機構の時刻情報をチェックするようになっています。

【制限】

長さが24時間を超えるイベントには対応していません。 ただし、午前0時をまたいだイベントでも大丈夫です。

【使い方】

項目と持ち時間、イベントの開始時刻と終了時刻を設定します。 最初は10項目の入力欄がありますが、追加したいときは「+」をタップします。 Auto Startをオンにしておくと時間で自動的にスタートしますが、適当に始めたいときは「Start」をタップします。 項目が進むごとに「Take」をタップしていくと予定していた時間との差と実際の各項目の終了時間が表示されます。




進行中でも各項目の削除や持ち時間、終了すべき時刻などの修正ができます。 「Edit」をタップするとまだ実施していない項目の入れ替えができます。 (「Edit」をもういちどタップすると通常の進行画面に戻ります。) 間違って「Take」をタップしてしまったときには「Back」でひとつ項目を戻すことができます。 予定していた項目がすべて終わるか、「End」をタップすると終了します。 また、Auto Endをオンにしていると終了時刻で自動的に終了します。

「New」で項目をすべて削除して最初の状態に戻します。

「Reset」では項目名と持ち時間を残したまま、経過時間の記録を削除します。








【購入】

App Storeへ

【ご意見・ご要望】

 milknopapa@fj8.so-net.ne.jpまでメールでお願いします。 [お願い]メール内に「TimeKeepについて」と明記してください。 (いろいろなアプリをつくっているので)