日陰

【概要】

現代版の日時計をめざしてつくったアプリです。地球上の位置と時間がわかると、そこから見た太陽の方角や見上げる角度が計算できます。結果として影の方向や長さがわかります。

もともとは、夏に犬の散歩にいくとき、強い日射と照り返しから犬を守るためにつくりました。低い位置を歩く赤ちゃんの散歩にも、直射日光が嫌いな大人にも、有用だと思います。日照権なんかの問題にも参考になるかもしれません。電車内でも直射日光を避けるにはどちら側に座ったらいいかわかります。

時間と場所が設定できるので、国際電話の際に、相手が日の出ている時間かどうか調べることができます。借りる部屋を選ぶときに、例えば、12月の夕方4時頃、この窓から陽が入るかどうか・・・なんてこともシミュレートできます。風景写真の撮影やスケッチに行く際の参考にもなるかもしれません・・・などなど意外に利用方法は広いと思います。

【使い方】

最初に起動した時は、計算のもとになる位置が北緯0度、東経0度になっています。下のGPSボタンをタップして、現在のあなたの位置を登録するか、あるいは地球のマークをタップして地図(Google Map)を表示させ、適当な場所をタップして位置を決めてください。(このとき、グーグルの地図のためにネット接続が必要になります。)


画面の中央に陰の方向が、また、下に陰の長さが表示されます。陰の長さは、立っている木の高さの何倍の陰ができるかを数字と絵で表示します。

時計のマークをタップすると時間設定を変える画面が表示されます。

日の出、日の入りの時間も表示しますが、簡易な近似をしているので、1、2分の誤差はあります。

【世界地図】

iPhoneを横位置にすると地図やさまざまなグラフを表示します。暇なときに眺めていると時間が潰せます。

一番上のボタンの世界地図は、いま世界のどこが昼でどこが夜なのかを示しています。プラスボタンをタップしたり、マイナスボタンをタップしたりすると、地図の時間を1時間単位で進めたり、遅らせたりすることができます。全球の計算には0.5秒程度かかるため、サクサクとは動きません。

【太陽高度】

太陽高度は太陽を見上げた時の太陽と地平線がなす角度のことです。


冬は太陽が低く、夏と違って地面に十分な熱が放射されません。

【太陽の方角】

どの時間帯にどちらの方角から日が射すのかを示します。


【日照時間】

1年間の日照時間の推移を示すグラフです。


【感謝】

このアプリは天体計算の応用で、「日の出・日の入りの計算(長沢 工著)」の記述を大幅に(ほとんどそのまま)応用させていただきました。

【購入】

App Storeへ

【ご意見・お問い合わせ】

 milknopapa@fj8.so-net.ne.jpまでメールでお願いします。 [お願い]メール内に「日陰について」のご意見・ご要望と明記してください。 (いろいろなアプリをつくっているので)