MemoList

MemoListはiPhoneの標準アプリのメモと同じようにテキスト情報をリストで管理するアプリです。
パソコンとの情報共有化には同じようにiTunesを使いますが、標準アプリのメモのようにメールと同期するのではなく、情報をテキストファイルとして直接取り出すことができます。
忘れたくない情報をパソコンで簡単に編集でき、それをiPhoneでいつでもチェックできるように開発しました。
ただし、扱える情報はテキスト情報のみで音声や画像は扱えません。
機能がとても少ない単純なアプリです。

【使い方】
リスト画面で右上の「+」ボタンをタップすると新規入力画面になり、文章が入力できます。
入力した各文章の第1行目は表題となり、リスト画面に表示されます。
リスト画面で表題をタップするとその文章の全体が表示され、編集できるようになります。
内容表示・編集画面では一度リスト画面に戻らなくても、上部の矢印ボタンをタップすることで前後の文章を読み出すことができます。
リスト画面で左上の「編集」ボタンをタップすると各文章の並べ替え、削除ができるようになります。



【パソコンとのデータのやり取り】
iTunesを使うことでMemoListのデータをパソコンに移し、編集することができるようになります。
パソコンに取り出したテキストファイルはテキストエディターで編集できます。
文字コードはユニコード(UTF8)で、改行はLFです。
マックでは標準の「テキストエディット」で編集できますが、Windowsの場合は、標準の「メモ帳」や「ノートパッド」ではなく、別のテキストエディターを使う必要があります。
(フリーのものがたくさん出ています)

【MemoListのファイル同期の仕方】
iPhoneとMacをコードで接続
MacでiTunesを起動
デバイスとしてiPhoneを選択
複数のタブのうちAppを選択
画面下にスクロールして「ファイル共有」のAppの中からMemoListを選択

「MemoListの書類」のTextData.txtをMacのデスクトップにドラッグ&ドロップ
それをテキストエディットで編集
編集したTextData.txt をiTunesの「MemoListの書類」のTextData.txtの上にドラッグ&ドロップして「置換」

【TextData.txtの構造】
項目と項目の区切りは
改行+「-」(=半角のハイフン)×20個+改行
となっています。
そのことだけわかっていれば、テキストエディターで自由に編集できると思います。




【購入】App Storeへ
【ご意見・ご要望】
 milknopapa@fj8.so-net.ne.jpまでメールでお願いします。
[お願い]メール内に「MemoListについて」と明記してください。
(いろいろなアプリをつくっているので)